映画の字幕と吹き替えが違う理由は?翻訳内容がなぜ違う時があるのか?

吹き替えと字幕の違い

海外映画を見る上で、

字幕と吹き替えの2つの選択肢がありますが、

翻訳内容が全然違う時がありますよね。

私は吹き替えと字幕どちらも見たい派なのですが、

視聴すると、同じシーンでも、

意味合いが全然違ったりします。

そこで、なぜ吹き替えと字幕で翻訳内容が違うのか調べてみました。

映画の字幕と吹き替えが違う理由

字幕と吹き替えで内容が違ってくるのは、

翻訳の方法がそれぞれ違うからです。

簡単に言えば、

字幕版→限られた文字数の中で日本語へ変える

吹き替え版→俳優の表情は口にあわせて、日本語へ変える

となっています。

それぞれ見てみましょう。

映画の字幕翻訳

字幕翻訳では、視聴者が字幕を読めるように字数制限があります

一般的には、1秒4文字みたいです。

この制限のおかけで、私たち視聴者はストレスを感じることなく、

字幕をよむことができています。

ただ逆に、この制限があることで、

オリジナルのセリフを削らざるをえない事も多いようです

映画の吹き替え翻訳

吹き替えでは、オリジナルのセリフを日本語にします

字幕翻訳のように、字数制限がないので、

よりオリジナルのセリフに近い翻訳ができます。

ただし、俳優の口の動きとマッチングしとかないと、

視聴者が不自然に感じてしまうので、

オリジナルのセリフを少しアレンジしている時もあるようですね。

翻訳内容が違う理由は他にも

翻訳の仕方以外にも、

翻訳内容が違う理由としては、

日本人に読みやすくしているからです。

海外と日本では、文化や考え方など沢山違う所がありますよね。

そんな中で、海外の価値観のまま翻訳すると、

どうしてもズレを感じてしまいます。

なので、日本人に通じるかつ、物語が不自然にならないように、

翻訳家の人が、日本語を選んでくれているのです。

映画の字幕と吹き替えが違う理由は?翻訳内容がなぜ違う時があるのか?まとめ

字幕翻訳と吹き替え翻訳の仕方が違う

日本人に通じやすいように翻訳されている

字幕、吹き替えとどちらも魅力があるので、

それぞれで映画を楽しみたいですね!

ご閲覧いただきありがとうございました。