打ち上げ花火でなずなの父も玉の力を使い、タイムリープしていた?

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」。

ヒロインのなずなと不思議な玉は、

この物語の鍵ですが、玉の前の持ち主はなずなの父です。

つまり、なずなの父も玉の力を使い、

タイムリープしていた可能性がありますが、

本当の所はどうなのか、気になったので調べてみました!

打ち上げ花火でなずなの父と玉

なずなの父と玉のあらすじ

なずなの父親の死体の回想シーンで、

父親が、玉が握られていました

それは後になずなの手に渡る「もしも玉」です。

つまり、なずなの父親も「もしも玉」を使っていたのでは?

となりますね。

なずなの父もタイムリープしていた?

なずなの父も「もしも玉」を使用して、

タイムリープというか、ifのあったかもしれない世界に、

行っていたのかは不明です

ですが、玉をもっていた以上、

その力を実感していたのだと思いますし、

なずなが玉を拾ったのは、もしかしたら、

父からのプレゼントだったかもしれませんね。

なずなの父と死

ちなみに、なずなの父は1年前に亡くなっていますが、

原作によれば、原因は巻き添えの溺死です。

サーフショップに来ていた客が、

波に流されたところを助けようとして、

亡くなってしまったようです。

打ち上げ花火でなずなの父も玉の力を使い、タイムリープしていた?まとめ

なずなの父は玉を持っていた

なずなの父が玉の力を使っていたかは不明

ご閲覧いただきありがとうございました。